KNN通信

日常のあらゆるニュース・話題について独断と偏見でぶった斬るコラムが満載のWEBマガジン風ブログです!

admaxヘッダ



芸能

オフィス北野からまさかのFA宣言!マキタスポーツらの戦略に脱帽!

ビートたけしさんがオフィス北野から独立し、その後一時泥沼状態でしたが、意外と早く決着がついた気がします。

ただ、今後の事務所経営が危ない状態には変わりなく、今後の動向がきになるところです。

 

この時は昔からたけしさんに仕えてきたガタルカナル・タカさんやグレート義太夫さん、水道橋博士さんなどが目立っていました。

しかし、オフィス北野には他にも有望な俳優はタレントさんがいます。

 

寺島進さんはこのままオフィス北野に残る事を明言しています。

 

それ以外に実は個人的に気になっていたのがマキタスポーツさんです。

中堅どころではあるものの、コンスタントに仕事をこなしており、売れっ子の1人です。

 

そういえばマキタスポーツさんは今回の件については特に何も言っていません。

ですが、ようやく本人の口から報告がありました。

 

スポンサーリンク

 

結論はまさかのFA宣言!明るく貪欲にカラッとネタにする!

 

まさかFA宣言を言う手法をとるとは誰も予想していなかったのではないでしょうか。

マキタスポーツさんをはじめ、米粒写経さん、プチ鹿島さんはオフィス北野から3組そろってFA(フリーエージェント)宣言をすると発表したのです。

あのプロ野球で行われているやつです。

 

つまりは他の事務所で良い話があれば移籍するし、オフィス北野が誠意を見せれば残留もありえるよと言う事ですね。

 

スポンサーリンク

 

オフィス北野の状態をしっかりと観察した上での最適解!

なぜ、FAと言う形をとったのかと言うことについては、大まかに次のように説明がありました。

  • 今回の件で森社長から、社員やマネージャーが減る見通しと言われ考えはじめた。
  • そのためマネージャーは自前で探さないといけないが、今の仕事に支障をきたす。
  • 移籍も容認、その時はオフィス北野がバックアップするとのこと。
  • たけし軍団による声明文騒動が終わるのを待ったのは、一緒に名乗りあげると事務所に飽き飽きしたという風に受け止められてしまう可能性があったため。
  • たけしさんに報告すると「芸人は死ぬまで芸人だからよ。オレなんかは何度も死にかけたけど…大変だろうけど、そのうち困ったことがあったら相談に来い」と容認を得た。

 

以上のような背景があり、考えた結果今回のFAと言うアイデアを思いついたのだそうです。

確かに今のオフィス北野では支える体力はないですし、実力者である彼らを欲しいと思っている事務所もあるはずです。

場合によっては4組で事務所を立ち上げることも考えているそうです。

 

オフィス北野の所属タレントは実力もないのに云々と書いていたメディアもありました。

でも、マキタスポーツさんのような実力者もいるのにとずっと思っていました。

 

これで、ようやくスッキリしました。

 

今回の逆境をむしろエンタメに変え、自分たちをうまくアピールする戦略はさすがです。

タカさんやダンカンさんたちもそれができればよかったのですが・・・

たけしさんに対する忠誠心が強いゆえにこう言うことになってしまったのですね。

 

たけしさんも本音では、軍団全員に対して、このようにして欲しかったのではなかったのではないでしょうか?

これこそ芸人なんだと!

 

そう思うとマキタスポーツさんたちは、トラブルを起こすことなく、誰も傷つかない方法をとりましたね。

本人もこれからだと言ってます。

 

今回の件は、今後こういうことが起きた上での参考になりますね。

 

 

admax記事下

スポンサーリンク

-芸能