KNN通信

日常のあらゆるニュース・話題について独断と偏見でぶった斬るコラムが満載のWEBマガジン風ブログです!

admaxヘッダ



芸能

マツコが常温の水を買う女をブス呼ばわり!でもそんなの余計なお世話だろ!

このところ、マツコ・デラックスさんの毒舌が止まりません。

でも、別に昔からのことなので、個人的にはさほど驚きもしないのですが、世間ではマツコがおかしいと噂になっている模様です。

特に若い女性に対する攻撃は相当なものです。

これも「月曜から夜ふかし」などでは、ごく当たり前のことではあるのですが。

 

スポンサーリンク

 

ターゲットにされたのは「常温の水を買う女」

問題となったマツコの暴言?がこちらです。

簡単に解説すると次のようなことです。

  • マツコがコンビニで買い物をした際、ある女性客の1人が「お水は常温のほうが良いんだって。モデルはみんなそうだよ?」と常温水を購入した。
  • それを聞いたマツコは「フン! なに気取ってんのよブス!」と心で毒づいた。
  • これは『行列のできる法律相談所』での発言だが、出演している徳島えりかアナが「キレイな人は冷たいものを飲まない」との考えから、常温派を貫いていると発言。
  • それを聞いたマツコは「誰から聞いたんだよそれ?」と反撃。
  • 徳島アナが「雑誌とか…」と言葉をにごすと「雑誌を読んだらキレイになったか? 誰がなった?」といつものように毒をはいた。
  • ツイッターやガールズちゃんねるなどではマツコの意見に賞賛の声があがる。
  • 一方、実際に常温水を飲んでいたり、美意識が高い女性からは「マツコが否定したら変なイメージがつく」との反発の声が。
  • さらには「テレビだからってなんでも好き勝手しゃべるな」とマツコへの怒りの声も。

ざっと、こんな内容です。

 

はっきりいえば、明らかにマツコの偏見です。

 

マツコがなんと言おうと余計なお世話!自分の意思を信じて常温の水を飲めばいい

この話題を目にした時思ったのは、あまりにもバカバカしくなってしまいました。

私自身は常温水擁護派です!

 

まず、マツコのように体が大きい人間(はっきりいえば太っているということ)は、基本的に暑がりです。

そのため、体を冷やそうとする傾向があるので、飲み物は冷たいものしか受け付けないのでしょう。

(昔太っていたので、その辺は良くわかります)

 

一方で、水というのは、健康や美容、ダイエットをするのであれば、もっとも基本となる飲み物です。

さらに、飲むとすぐに浸透し、水の温度により体温にも影響を及ぼします。

 

冷たい水というのは体を冷やし、代謝を下げてしまいます。

そのため、水を飲むのであれば冷えたものではなく常温のものの方が体に優しく、美容とダイエットにも良いとされているのです。

 

女性というものは、やはり幾つになってもキレイでいたいものですから、女を捨ててそういう努力をしないよりも、ずっといいと思います。

実際にキレイになったり痩せた人だっているのですから!

 

それに、美容以外の理由で常温の水しか飲めないケースもあります。

例えば、冷たいものを飲むとすぐにお腹を壊してしまうなんて方もいますね。

 

それを、マツコがそう言ったから常温の水を飲むのをやめたら、電車の中でお腹が痛くなって粗相をしたなんてなったら悲劇です。

ブスよりひどい「う○こたれ」とよばれてしまうのですよ!

 

ですから、雑誌を読んで自分が納得したのであれば、堂々と常温の水を飲めばいいのです!

マツコのようなオ○マ○ブ野郎に言われる筋合いはないわ、というぐらいでちょうど良いのです。

(と心の中で思っていれば良いのです)

 

 

スポンサーリンク

 

マツコが本当に嫌いなのは、何も考えず流行に飛びつく女や男

少しでもマツコの番組を見ていれば、何でもかんでも毒を吐いているわけではないというのはわかると思います。

むしろ、良いものは良いという懐の深さも持ち合わせているぐらいです!

 

根本的にマツコがもっとも嫌いなのは、自分で何も考えず、ただ流行っているからなどという理由で飛びつく女や男です。

だから、自分がハマっているものが世間で流行っている流行っていないに関係なく、自分が好きというのであればいいのです。

 

たかだか、マツコがそう言ったから常温の水を飲めなくなったなんていうのは、その程度なのです。

確かにマツコの発言による影響力は大きいですが、そんなのナンボのもんじゃい!と鼻で笑うぐらいでちょうど良いのです。

 

マツコに言われたからって、べつに怯むことは何もありません!

自分がいいと思ったものは、信じればいいのです!

本当のところ、マツコもその辺は十分わかっていますから。

 

admax記事下

スポンサーリンク

-芸能