KNN通信

日常のあらゆるニュース・話題について独断と偏見でぶった斬るコラムが満載のWEBマガジン風ブログです!

admaxヘッダ



芸能

TOKIO山口達也メンバー起訴猶予!つまりもう見逃してあげるというのだろうか

2018/05/02

TOKIOの山口達也メンバーが強制わいせつで書類送検された事件。

色々と問題が取りざたされている中、注目は山口メンバーが今後どのような扱いになるのかということです。

 

そんな中、まずは検察から発表がありました。

山口メンバーを扱うことになった東京地検が、今回の件について起訴猶予、つまり不起訴にしたということがわかりました。

 

スポンサーリンク

 

ところで起訴猶予って何?

下記のニュースの通り、山口達也メンバーは起訴猶予処分とされました。

 

それにしても、法律とかが絡むと、難しい言葉ばかり出てきてわからないですね。

なんで起訴「猶予」の猶予なんて難しい言葉を使うのか。

 

普通に今回は見逃してあげるとか、裁判はしないとかわかりやすく言ってくれればいいのに(笑)

起訴猶予という言葉を知らないと、山口メンバーが拷問にかけられるのではないかと勘違いされるかもしれません。

 

あまり難しい言葉の説明はここではしませんが、とりあえず解放されたということです。

 

理由としては、山口メンバーが罪を認めていること、女子高生側と和解していることで、これ以上追求する必要がないと判断されたようです。

 

相当な金と圧力がかかったに違いない!

今回の件で、ジャニーズ事務所は各方面に相当手回しをしたのは間違いないですね。

 

被害者の女子高生と家族には相当な金を積んで、これ以上騒がれることを避けたのでしょう。

また、検察に対しても色々と交渉したでしょうね。

(金が動いたかどうかはわかりませんが)

 

これは山口メンバーを守る為ではありません。

ジャニーズの他のタレントを守る為です。

 

これ以上ジャニーズのブランドに傷がつくのを避ける為、山口メンバーのことはいいが、他のメンバーには何もしないでくれと。

おそらく、マスコミに対して相当な圧力をかけた可能性はあります。

 

ただ、いまのジャニーズにそこまでの力があるかどうかはわかりませんが。

とはいえ、芸能界は特殊な世界なので、一般企業ではあり得ない常識がまかり通ったりしますからね。

 

スポンサーリンク

 

検察は見逃しても、世間とジャニーズ事務所は山口メンバーを許さないだろう!クビも時間の問題か?

山口メンバーについては、今回の件以前にも問題行動がありました。

その時は、ジャニーズも多めに見ていたようですが、今回はさすがに堪忍袋の尾が切れたのでしょう。

 

山口以外のジャニーズタレントを救うために余計な労力と金を使うことになったのは間違いありません。

それにTOKIOおよびジャニーズの看板に傷をつけたのですからね。

 

山口メンバーの年齢的にも、この先やり直せるかどうかというのも正直厳しいでしょう。

となると、残された道は山口メンバーを切るしかないですね。

 

いまのところジャニーズ側からは何の発表もありません。

ただし、山口が自らTOKIOの脱退、そしてジャニーズ事務所を退所をするのは避けられないでしょう。

 

せめて、事務所側から解雇を言い渡さず、自ら辞退するよう猶予を与えたのが、長年活躍した山口メンバーに対する温情なのでしょうね。

 

一部ではリーダーの城島茂さんがTOKIOを解散するなど発言が噂となって飛び交っているようです。

こちらについては5月2日に残った4人で会見を開くことになっており、そこで今後の活動について判明するでしょう。

すでに5人で話し合いをしているとのことであるが、今後の動向が気になるところです。

 

どのような結果になっても、残念ながらこれ以上山口メンバーがジャニーズに残るのは非常に厳しいのは間違いないでしょう。

もう「LOVE YOU ONLY」も「宙船」も聞けなくなってしまうのでしょうか?

 

 

admax記事下

スポンサーリンク

-芸能