KNN通信

日常の身近なモノ・コトなどについて色々と

芸能

ガンダムが舞台化されるならば興味があるのはアムロとシャアを誰がやるのか?

マンガやアニメが大ヒットすると、必ずと言って良いほど出てくるのが映画の実写版と舞台化の話です!

この時、原作やアニメファンからは、オリジナルの世界観が壊れると反対意見が飛び出てくるものです。

 

面白かったのはドラゴンボールが実写化されたときです!

確かハリウッドで実写されました。

これが思った以上の出来で評価する人もいれば、ダメダメと酷評する意見もありました。

 

そして、今回も超人気作品が舞台化されるのではないかとの情報があり、大騒ぎになっております。

 

スポンサーリンク

 

機動戦士ガンダム00が2019年2月に舞台上演決定!

その作品とは、なんとガンダム!

ガンダムと言っても「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」という作品です。

先日、公式サイトで発表され、2019年2月に上演されることが決定しました。

 

ガンダムが舞台化されると発表されると、各方面から賛否両論が!

そりゃ、あれだけの大作ですから、そうなるのも無理はありません。

 

舞台化の是非についてはネットでもニュースで取り上げらるほどです。


やはり40年以上も続くシリーズものだけあって、ファン層も広く、それぞれの立場からの意見がすごいです。

 

ガンダムはヒューマンドラマなので意外と舞台化はイケるのでは?

私自身はファーストガンダムしか知らないと前提で話を進めますが、舞台化は結構成功するのではと思っております。

 

ガンダムというと、やはりモビルスーツの戦闘シーンというのが見どころの1つなのです。

しかし、それ以外にも登場人物(キャラ)の人間模様が事細かく描かれているヒューマンドラマでもあります。

そのストーリー性こそが長い間ガンダム人気を支えているとも言えるでしょう。

 

ただ単にロボット同士が戦っているだけならば、ほかにも腐る程そういう作品は存在します。

ガンダムをガンダムたり得るものにしているのは、やはり深いストーリーとキャラクターなのです。

 

モビルスーツなどの戦闘シーンを舞台で再現するのは厳しいかもしれませんが、人間ドラマに軸をおいて舞台シナリオを作れば、面白いものになるのではないでしょうか?

もちろん、キャストの選定もかなり重要にはなるでしょうが。

 

スポンサーリンク

 

個人的にはシャアやアムロがどうなるのか興味がある

ちなみに今回舞台化される「00(ダブルオー)」にはオールドファンの人気が根強いシャアとアムロは登場しない模様。

古くからのファンは、やはりシャアがどのように表現されるか、誰が演じるのかというのに興味があります。

 

でもシャアはやはり池田秀一さん、アムロは古谷徹さんの声出ないとしっくりこないですね。

この2人の実写化だけはやはり厳しいのかな〜。

 

シャアはマスクをかぶせればなんとか様になるので、ビジュアル面でのハードルは低いのですが、やはり声が違うとシャアじゃなくなりますね。

それならば、演者は動くだけで、裏で池田秀一さんがアテレコをするという方法をとるしかなさそうです。

同様にアムロも古谷徹さんが裏でスタンバイか事前に録音してもらうのが良さそうです。

「アムロ、いきま〜す!」はあの声じゃないとダメですね。

 

しかし、それだと現実的ではないので、アムロ、シャアが出てくるガンダムシリーズの舞台化だけは難しいでしょうね。

 

 

シャアに関するこんな小説が出ていたのですね。

でも、なんだかイメージがわかないですね。

 

-芸能