KNN通信

日常の身近なモノ・コトなどについて色々と

音楽

永井真理子の現在、11年ぶりに音楽活動再開の間に起きた出来事!

1990年代に活躍した永井真理子さんも、もう50歳を超えていたのですね。

 

YAWARA!などの主題歌を歌っていた90年代の絶頂期は、ショートカットが似合うボーイッシュな姿が印象的でした。

 

2000年代に入ってからは勢いも下火になり、いつの間にか見かけなっていました。

 

しばらく名前を聞いていないなと思ったら、先日久々に音楽活動を再開したという話題が上がってきました。

 

スポンサーリンク

 

11年ぶりに活動再開した理由は

あまり聞かないなと思っていたら、やはり活動休止をしていたのですね。

そして活動再開が11年ぶりというのも意外でした。

本当はもっと長い期間お休みしていたのかなと思っていたのですが、2006年までは活動していたのですね。

正直、その時期の永井真理子さんはあまり記憶ないです。

 

記事の中では、2003年ごろから歌うことに対して自信をなくしていたと言います。

やはり、かつての人気がなくなっていた頃と重なりますね。

そのことで、かなり悩んでしまい音楽活動を10年以上休止することになります。

 

しかし、今になり活動を再開しようと思ったのか?

原動力となったのはファンとミュージシャン仲間でした。

ちょうど30周年をいう節目ということもあり永井さんの心境にも変化が現れました。

どうしても歌いたい思いが湧き出て、10年以上の時を経てアルバム『Life is beautiful』という新しい作品が生まれたのです。

 

活動しない間に結婚・出産、そして海外移住

ちなみに活動休止期間も挟み、永井さんのプライベートでも色々と変化がありました。

 

1993年にバックバンドメンバーであったギタリストの廣田コージ(COZZi)と婚約・結婚。

1996年には長男を出産しています(息子もすでに20歳過ぎているのですね)。

2003年には家族とともにオーストラリアのシドニーに移住、2013年に帰国しました。

 

シドニーに移住した理由は語られていませんが、歌えなくなったことも少なからずあることでしょう。

そして海外での生活で色々と心境の変化もあり、日本に戻ってきたのですね。

 

今のところ離婚したとか聞いたことがないので、今でも家族仲良く過ごしていることと思います。

 

スポンサーリンク

 

50を過ぎてもミラクルガールでいるのかな?

2017年10月にはデビュー30周年記念ライブを敢行、ここから再ブレイクの足がかりを掴みたいところです。

 

現在の姿を見ると、同じショートカットであるものの、やはり以前とは違うなあと感じますね。

さすがに「ミラクルガール」を歌っていたようなキャピキャピ感は出せないでしょう。

でも、今だから歌えることもたくさんあります。

 

永井さんも自身のTwitterでこんなことを語っています。

 

これからきっと空白期間を埋めるように、永井さんの素直な気持ちを語った作品が次々に現れることでしょう。

50歳を過ぎてもミラクルを起こして、ヒットチャートに顔を出すのが楽しみですね。

 

 

-音楽