KNN通信

日常の身近なモノ・コトなどについて色々と

芸能

浜崎あゆみがLGBTイベントで涙する裏で長瀬智也もまた泣いていた

浜崎あゆみの名前も久々に聞きましたね。

かつては大会場をいっぱいにするほど一斉を風靡した彼女も今はおとなしくなったのかな。

それとも、もう頂点を見てしまったので、もうあまり執着していないのか?

 

今ではマイペースで活動しているのか、今回はLGBTに関するイベントに出演しました。

 

スポンサーリンク

 

意外だった2丁目愛

 

あゆはデビューした20年前から新宿二丁目と色々関わりがあったのですね。

今の世だったらそういうことを普通に公言しても何とも感じません。

でも20年前は今以上にかなり偏見の目で見られていた時代です。

あゆがいわゆるLGBTというわけではないのですが、そういうところに出入りしていたというだけで面白おかしく書かれたりしますからね。

 

でもあゆ自体は特にそういうことを気にしたいてわけでもなさそうで、マスコミがようやくそういうことを取り上げたというのが正解でしょう。

 

決してふざけ半分でやっているわけではなく、マツコなどもその活動を評価しているぐらいです。

ですので今回のイベントは特別が思いがあったのは間違いないですね。

 

 

あゆといえば、やはり長瀬

話は変わり、浜崎あゆみといえば、どうしても思い出すのが長瀬智也さんのこと!

ちょうどTOKIOが山口達也の件で混乱している最中なので、嫌でも注目されてしまいますね。

 

かつてはあれだけラブラブで、お互いの名前をタトゥーにしていたぐらいなのに。

結局は破局してしまったのですが、原因もはっきりしません。

 

ネットなどでは色々と推測で書かれてはいますが、結局のところ本人たちにしかわかりません。

いや、本人たちにもわかっていないのかも。

当時は2人とも忙しく、感情もコントロールできないこともあったのでしょうから、ふとしたきっかけでこうなったのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

あゆが泣いた同じ日に長瀬もTOKIOのことで涙した

破局から随分と経過していますが、やはりどちらかの話題が出ると、片方の名前が浮かび上がってしまうものです。

しかもタイミング悪いことに、あゆがLGBTのイベントに出演したこの日(5月6日)、TOKIOでも新たな動きが。

 

強制わいせつの件で退職願を出していた山口達也、

いったんリーダー城島茂さんが預かっていましたが、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長と話し合いをし、事務所との契約解除が決まりました。

契約解除ということは、TOKIOも脱退ということになります。

(実質解雇に近いですが)

 

おそらくジャニーズ側としては、当初はしばらく寝かせておいてほとぼりが冷めたことに山口の復帰を目論んでいたと思います。

しかし、世間の予想以上の反感を買い、さすがこれ以上庇うことは不可能と判断したのでしょう。

 

一昔前のジャニーズだったら、多分契約解除はしなかったでしょうが、時代は変わりましたね。

もうジャニーズ事務所も昔ほどの力はなくなったのでしょう。

 

今回の契約解除は遅かれ早かれそうなるとは思っていましたが、20年以上苦楽を共にしたメンバーは複雑でしょうね。

やはり色々な悔しさなどがあり、涙しているに違いないでしょう。

 

まさか同じ日に、浜崎あゆみと長瀬智也がともに涙するとは、何とも皮肉なものです。

 

 

 

-芸能