KNN通信

日常のあらゆるニュース・話題について独断と偏見でぶった斬るコラムが満載のWEBマガジン風ブログです!

admaxヘッダ



スポーツ

巨人ボロ負けにミスターが激怒⁈今でも長嶋茂雄の存在は大きいようです

昔ほどでないにしても、野球といえば巨人というのは今でも変わらないようですね。

話題になるのは勝っても負けても巨人のことが中心ですね。

 

そして現役引退から40年近く、監督として現場から離れていても今だにミスタージャイアンツといえば長嶋茂雄さん!

現役のどの選手よりも、注目されるのは長嶋さんですね。

 

スポンサーリンク

 

巨人が大負けしても注目されるのはミスター

2018年シーズンの巨人、強いのか弱いのかよくわかりません。

先日は今シーズン好調の阪神にボロ負けしました。

この時は0−9と阪神に完封負けしました。

そして、運悪く長嶋茂雄終身名誉監督が観戦していたのです。

 

当然、試合についてのコメントを求められることになります。

「巨人阪神だから良い試合をしないといけないんだけど、あまりにもはっきりしたゲームだった」

と感想を残しました。

 

これを苦言と表現してニュースになったのですが、正直ちょっとニュアンスが伝わりにくいです。
とはいえ、仮に長嶋さんでなくとも、こんな試合をしているのであれば激怒するのは当然でしょう。

張本勲さんなら「喝!」を何連発する事やら。

 

今のセリーグだと巨人はそこまで強くない

長嶋さんや王さんがいたことの巨人なら、先ほどのような大量失点で負けたなら、大ニュースになるでしょう。

でも、正直いまの巨人がこんな負け方をしても、誰も驚きません。

今や巨人も球界の盟主ではなく、ただのセリーグに1チームにすぎません。

果たして他の球団が力をつけたのか、巨人が衰退しただけなのか?

 

今のセリーグは広島が1つ飛び抜けていますし、昨年日本シリーズに出た横浜DeNAもいいチームです。

そこに今年調子の良い阪神が戦列に加わる構図と言えます。

巨人はこの3強に入れるほどの力はないでしょう。

 

あとは良くも悪くもナベツネ(渡辺恒雄)という存在が今だに足かせになっている気もします。

何かあるとナベツネが口出しをするので、巨人も思い切ったことができないのではないかと思われます。

思えばナベツネがオーナーになった頃から巨人の衰退は始まっていたのですね。

(しかし、こうう奴ほどよく生きるものですなあ)

 

スポンサーリンク

 

巨人に次世代のスーパースターが生まれる日はくるのであろうか?

それにしても今の巨人に魅力がないのは、やはり長嶋さんのようなスター選手がいないということでしょうね。

仮に長嶋さんほどでなくとも、巨人生え抜きのスター選手というのはなかなか出てきませんね。

 

長嶋・王さんが引退したあと、花形選手だったのは原辰徳さん、そして松井秀喜さんぐらいじゃないでしょうか。

松井さんが途中で大リーグにいかず、巨人一筋でやっていればまた変わったのでしょうが。

(ただ、その頃の巨人に残るような魅力もなかったのが松井が出て行った理由でもありますが)

 

もはや巨人から生え抜きのスターが生まれることはないのか?

せめて2017年のドラフトで清宮幸太郎選手を引き当てることができれば、変わっていたかもしれません。

でも今の巨人に入っても変に潰されるような気がして清宮選手が活躍できたかどうかもわかりませんけどね。

 

何十年経った今でも巨人と言えば長嶋茂雄!

しばらくは長嶋さん中心で巨人の話題は続きそうです。

良い意味で長嶋さんを超えるようなスター選手が巨人から生まれない限り、巨人の復活は厳しいかもしれませんね。

 

admax記事下

スポンサーリンク

-スポーツ