KNN通信

日常のあらゆるニュース・話題について独断と偏見でぶった斬るコラムが満載のWEBマガジン風ブログです!

admaxヘッダ



社会 生活

40代で白髪染めをやめた女性の記事で一番衝撃的だったこと

2018/05/18

先日、ネットのトピックを見ていたら、興味深い記事を見つけました。

 

40代で白髪染めをやめた女性のインタービュー記事。

同じ悩みを抱えいる同世代の女性も多いことでしょう。

もちろん男性も!

 

そこには白髪染めについて色々と考えさせられることも多かったです。

 

スポンサーリンク

 

染めるのをやめるのではなく白髪を育てるという方向転換

「グレイヘア」を育てるという見出しが印象的な記事でした。


この記事の主人公でもあるライターの朝倉真弓さんは、若い頃から白髪に悩まされていました。

その苦悩がよく伝わってきます。

 

私自身も30代後半ごろから徐々に白髪が増えて、染めたこともありました。

でも染まりにくい綺麗にならない。

そしてそのうち伸びてくるから定期的にメンテしないといけない。

本当に面倒になり途中で諦めてしまいました。

 

短髪の男性でこんなに面倒と思うのなら、女性の苦労は想像以上です。

それをしっかり手入れしていると思うと、ある種の尊敬すら感じます。

 

ですので、朝倉さんが白髪を育てるという記事についても、とても共感を覚えました。

 

白髪染めをしないとマナー違反という発想はちょっとおかしいのでは

白髪染めというのは、自分自身を若く見せるためにやっているものと思っていたのですが、実情はそうでもないようです。

特に女性の場合は、思っている以上に周りの目を気にしてしまいがちです。

 

この記事を読んで、心を痛めたのが、白髪染めに対する世間の見方です。

染めるのをやめてからほどなく、「マナー違反だ」と知人から言われました。「なんで染めないの? 相手に失礼じゃないか」って。「なんで染めないの?(若いのに)もったいない」とも。これは、特に男性から言われましたね。

白髪育ての間、ビジネス誌の記事を書くために社長に取材することもありました。こんな中途半端な髪で行っていいのかな、と思って「こんな髪ですけど申し訳ないです」「お見苦しくて失礼します」と言ってしまう自分もいて。

 

染めるのをやめるのが「マナー違反」?

いやいや、それはおかしいでしょう。

 

例えば、自ら金髪にしたり、ピンクなどあり得ないカラーに染めたのであれば、TPOによってはそういうのはわかります。

でも、白くなるのは自然の成り行きですよ。

確かに生え方によってはみっともなく見えてしまうかもしれません。

 

白髪染めの大変さを知っていれば、そんなこと言えるはずないと思うのですが・・・。

 

これは、ある種のパワハラですら感じてしまいます。

 

個人的には、むしろ気の毒というか大変なんだろうなと思いますけどね。

 

そういうことを発言するのが男性に多いというのもショックです。

本来ならば、そういう時こそ思いやりを持って接するものなのですが、白髪染めを始め、女性が髪やお肌などのケアにどれだけ気をつけているのかをわからないのでしょうね。

逆に、自分がハゲたりしたら「おいハゲ!ヅラ付けろよ!相手に失礼じゃないか」と言われたらどう思うのでしょうかね(笑)

 

スポンサーリンク

 

堂々とグレイヘアで活動できる世の中になることを願って

この件が結構な反響があったようで、朝倉真弓さんもご自身のブログを更新されております。

素敵な方じゃないですか!

ここまでにするのに1年かかったというから、このスタイルを保つのも大変ですよね。

 

今後は、変に髪をコテコテに染めたり、無理な厚化粧などせずとも、自然なままでも普通にいられる世の中になってほしいですね。

女性は徐々に変わりつつありますが、男性の意識改革も必要ですね。

そのうち変な偏見を持つ男性は社会から淘汰され、埋れてしまうことでしょう。

 

 

admax記事下

スポンサーリンク

-社会, 生活