KNN通信

日常の身近なモノ・コトなどについて色々と

社会 芸能

ショーンKがTOKYO MXでレギュラー番組!ここから復活なるか?

一連に経歴詐称騒動で、ほとんど仕事をなくしてしまった状態になってしまったショーンK氏。

あの騒動でレギュラーが決まっていたフジテレビ系の番組「ユアタイム」を降板、

さらには10年以上続けていたJ-WAVEの番組「MAKE IT 21」も終了してしまいました。

その後姿を見せることなく、この先どうなるのかなと思っていました。

 

そんな中、関東の独立ローカル局TOKYO MXテレビで新番組が始まり、ナビゲーターに就任することが発表されました。

 

スポンサーリンク

 

新番組はやはり経済番組

ショーンKさんの新番組は「ザ・ビジョナリー~異才の花押」です。


番組は次のようなものです。

「経営者たちを招き、彼らの経営哲学、開発秘話、成功の要因を明らかにする」

ナビゲーターのショーンK氏は(一応)経営コンサルタントの知見をいかし、インタビュアーとして登場します。

 

まあ、今までもそういうことをしてきましたし、そういう方向でしかできないでしょうね。

 

多分、ローカル番組ですので、最初のうちは登場する企業もいわゆるベンチャーが多いでしょうね。

インタビュアーが誰であれ、まずは自分の会社を知ってもらうという宣伝のために登場する経営者になると思います。

(逆に大企業はいわゆるサラリーマン社長が多いので、経営哲学などを聞くのであれば、ベンチャーや中小企業の方が向いていますけどね)

 

経歴はあれですが、英語力などは本物!

新番組が始まると告知されましたが、ショーンK氏の経歴詐称報道があれだけ大々的に報道されてしまったので、当初は色物で見られてしまうでしょうね。

 

でも、冷静に考えてみると、ショーンK氏は確かに見栄を張って経歴を詐称してしまいました。

が、それだけです。

別にそれで詐欺を働いたとかそういうことはしていませんし。

(経歴を嘘ついて信用させて騙したと言われればそれまでですが、金だけもらって逃げたわけでもないですし)

 

それに、経歴が明るみになるまでは、J-WAVEで経済番組を15年以上もやっていたのですよ。

これだけ続けられていたということは、ショーン氏も相当勉強しているでしょうし、頓珍漢な内容ではないということです。

 

あと、ショーンK氏は抜群の英語力を生かして仕事をしていました。

その英語力もネイティブが聞いても違和感がないレベルということですので、身につけるのに相当努力をしたということです。

 

それゆえに、経歴詐称などをいうつまらないことをしてしまったのが悔やまれますね。

むしろ独学でどのように身につけたというのを売りにしていれば、エコノミストなどとして注目されたのに。

 

スポンサーリンク

 

ワイドショーなどに出ている芸能人コメンテーターより100倍マシ

それゆえ、これだけ努力して身につけた英語力とコンサルタントとしての知識をいかすことができ、よかったと思います。

最初はどうしても厳しく見られると思いますが、丁寧にこなしていけば、信頼も勝ち取れるでしょう。

多分、インタビューを受ける経営者なども、話せばしっかりした人とわかるでしょうし。

 

先ほども触れましたが、ショーンK氏がいかに独学でこれだけのことを身につけたかということに興味がありますので、その辺をぜひ何かの機会に語って欲しいですね。

興味を持っている若者は多いと思います。

 

メディアはショーンK氏のことをあれだけ叩いているくせに、自分のところでは、どうでもいいこという芸能人をワイドショーに出しているのです。

多分、視聴者の目線と同じ感覚でのコメントを期待しているのでしょうが、どうしようもないですよね・・・。

 

個人的には、ショーンK氏が復活して活躍することを願っております。

テレビは目立ちすぎるので「MAKE IT 21」のようなラジオ番組がちょうど良いのではないでしょうか。

 

-社会, 芸能