KNN通信

日常の身近なモノ・コトなどについて色々と

芸能

元AKB48の宮澤佐江が芸能活動一時休止!卒業後の道のりは厳しい模様

宮澤佐江ちゃんが芸能活動一時休止!

どこかで聞いた事がある名前だなと思ったら、AKBにいた子だったのですね。

(最後は姉妹グループのSKE48に移籍して卒業)

 

卒業後は、事務所に所属しながら芸能活動をしていたのですが、やはりなかなか厳しいようですね。

 

スポンサーリンク

 

AKBの看板があるとないとの違いが大きすぎる

一時期の勢いはないものの、芸能界でAKBというと知名度も抜群ですから、メンバーも色々なところで活躍しますね。

しかし、卒業しAKBの名前が取れた途端、状況は一変します。

 

頭に「元」とついただけで全然違ってくるものなのですね。

 

現役のメンバーであれば、所属事務所、そして秋元康氏がバックについているというのが強みになります。

やはり秋元氏のつながりは大きいですから、メンバーも関係者から優遇されるわけです。

 

しかし、卒業してしまうと、そういう後ろ盾がなくなるのです。

所属事務所がも今まではAKBだからということで使ってもらえたかもしれませんが、それがなくなると自分の力だけが頼りになります。

 

これまでを見ても、AKB48を卒業して大活躍している元メンバーというのはいないに等しいですね。

絶頂の人気があった前田敦子ちゃんが、時々女優としてドラマなどに顔を出すぐらいですね。

(かといって、売れっ子というわけではない)

 

前田敦子ちゃんと双璧の人気があった大島優子ちゃんですら、最近さっぱり名前を聞かなくなりました。

篠田麻里子ちゃん、板野友美ちゃん、高橋みなみちゃんなどいわゆる「神7」と呼ばれたメンバーですら、さっぱり。

活動は続けているようですが、相当な苦戦を強いられているようです。

下手すると、そのまま消えても気づかれない可能性すらあります。

 

まあ、これも大人気グループにいたという宿命なのでしょうか。

 

宮澤佐江ちゃんもAKBでは人気があったものの、その後は苦戦

今回、芸能活動を一時休止する宮澤佐江ちゃんも、AKBでは人気のあったメンバーです。

いわゆるAKB総選挙でも10位以内に入るぐらいでした。

 

そんな子でも、卒業後は苦戦し、活動を見直すところまで追い込まれたのでしょうか?


AKBのように常にメディアに注目されスポットライトを浴びるようなことはなくなりましたが、卒業後も舞台などで地道に活動を続けていた模様です。

公式には2006年にAKB48の一員としてデビューし、約12年間走り続けて参りましたが、一度足を止めて自分自身を見つめ直したい」というのが理由として綴られております。

 

実際のところは本人に聞いてみないとわかりませんが、自分が思い描いていた活動とかけ離れていたというのは間違いないでしょうね。

一時休業ということではあります、事務所との契約も打切りとなるので、もしかすると芸能界引退も含め、今後の進むべき道を考えていくことになりそうです。

 

スポンサーリンク

 

もしかすると今後は「AKB卒業=芸能界引退」というケースは増える可能性あり

AKBを卒業した先輩がこれだけ苦戦しているのをみて、現役メンバーも今後のことを真面目に考える必要がありそうですね。

もしかすると、現在の活動が忙しくて考える余裕はないかもしれません。

 

でも、AKBや姉妹グループにいれたからこそ、武道館やドームなど大きい会場でコンサートをする事ができたのです。

ほとんどのメンバーは卒業して、そういう機会があるとは到底思えません。

おそらくAKB時代ほどに優遇されたりスポットライトを浴びることはできず、そのギャップに苦しむでしょうね。

 

そうなると、その記憶を大事にするため、卒業して芸能界から引退するというのも考えておいたほうがいいですね。

あえて茨の道をえらぶ子もいるかもしれませんが。

いずれにして、卒業してからは周りの環境がガラッと変わるので、それに耐えなくてはいけないのは苦難ですね。

 

宮澤佐江ちゃんも相当悩んだ上での決断だったと思いますので、いまはゆっくりと休養してほしいものです。

 

-芸能