KNN通信

日常のあらゆるニュース・話題について独断と偏見でぶった斬るコラムが満載のWEBマガジン風ブログです!

admaxヘッダ



スポーツ

日大アメフト部の井上コーチは放っておいたら自殺しそうで心配になる

日大アメフト部の反則タックル問題。

反則をした選手が会見を開いたことが予想外だったのか、慌てて翌日に内田監督と井上コーチがようやく表に出てきました。

 

予想通り自己保身に走りましたが、それ以上に非常にグタグタした最低な会見でした。

早くも船場吉兆の女将、野々村議員の号泣に並ぶ3大会見と言われる始末。

 

その中で気になったのが井上コーチの会見での様子でした。

 

スポンサーリンク

 

井上コーチのあのオドオドした姿は尋常ではない!

ニュースなどで会見をご覧になってお気づきでしょうが、井上コーチが終始落ち着きがありませんでしたね。

その姿はあまりにも挙動不審でありました。

一方で、何かに怯えていたようにも見えました。

 

答えた内容は予想通り監督は反則をしろと指示していないの一点張りでした。

しかし、自分は「潰せ」と言ったのは事実というのは逃げることができず、一人で罪をかぶったようにも見えました。

 

世間では、前監督の内田の若頭なとど呼ばれているようでしたが、その姿はとてもそのように見えませんでした。

 

内田に罪が問われないような発言をしてはいましたが、その一方で反則を冒した選手もかばうようなそぶりもありました。

結局、話のつじつまが合わなかったため、選手が勝手にやったような発言にはなってしまいましたが。

 

まあ、高校生の時から指導していた選手ですから、少なからず愛情はあったのでしょう。

(選手も会見でコーチについては恨んでいないようにも見えました)

 

結局、コーチも前監督に従わざるを得なかった状況だったのでしょうね。

 

これ以上エスカレートすると、思い詰めて自殺とかあり得なくもないかも

実際に、井上コーチがどのようなことを考えているのかはわかりませんが、相当追い込まれているのだろうなというのはみて感じ取れました。

そうしたら、やはりこんなニュースが。


自分で全て罪を被るつもりだったのですね。

井上コーチは元チームメートに「自分が全部悪いということでかぶるしかない」と連絡をしていたという証言が。

元チームメートは日大を離れて縁を切れ、その後のことは手伝うと必死にフォローしましたが、その後返事はないそうです。

 

元チームメートがそんな返信をしたというのが本当ならば、日大アメフト部は昔からそういう体質だったということですね。

 

そんな状況でも前監督の内田に逆らえないというのは、何か弱みを握られているか、あまりにも強大な権力を持っているとしか考えられませんね。

 

このままだと、今回は全て自分の責任、死んでお詫びしますなんてことになりかねません。

ともかく、井上コーチの周りの人間は、変なことしないように監視したほうがいいです。

 

スポンサーリンク

 

前監督の内田は狡猾に逃げ切りをしようとするのが見え見え

一方、前監督の内田。

あの態度を見れば、全然反省していないのが見え見え。

しかも開き直っているというか、どういう風に生き延びようか考えていますね。

 

まあ、日大のナンバー2にまで上り詰めているぐらいですから、相当な修羅場をくぐってきたのでしょう。

なので、屍を踏みつけて進んで行くことに対し罪悪感などないのでしょう。

 

多分、反則を冒した選手はおろか、井上コーチだって捨て石にしますよ。

(仮に死んだとしても、死人に口なしで闇に葬れるとほくそ笑むことでしょう)

 

まるで、一昔前の政治家、あるいはナベツネ(渡辺恒雄)のようです。

こういう人間は本当にしぶとく生き長らえますからね。

 

多分、現役の日大アメフト部員、コーチ陣、OBを全て敵に回しても平気でしょうね。

 

内田を潰すには、内部からは無理でしょうから、外堀から固めて孤立させるしかないでしょうね。

幸い、国(スポーツ庁)も動くようですので、スポーツ界全体で追い詰めるしかないでしょうね。

(もちろん追い詰めるのは内田1人で十分です)

 

前監督の内田は心労で入院とのことですが、本当に入院させるべきは井上コーチの方かもしれません。

 

admax記事下

スポンサーリンク

-スポーツ