KNN通信

日常のあらゆるニュース・話題について独断と偏見でぶった斬るコラムが満載のWEBマガジン風ブログです!

admaxヘッダ



スポーツ

ハリルホジッチが辞任に不服で会見へ!サッカー協会への復讐か?

2018/04/28

2018年サッカーW杯開催2ヶ月前という時間のないときに、まさかの監督辞任のニュースは色々と衝撃的でした。

サッカー日本代表ハリルホジッチ前監督。

色々言われることもありましたが、なんとか本大会出場に導いてくれました。

さあ、ロシアに乗り込むぞという時に、突然引導を渡されてしまいました。

ハリル本人はもちろん、選手、そしてサポーターにとってもまさに晴天の霹靂です!

 

スポンサーリンク

 

とうとうハリルの復讐が始まりか?

今回の辞任を不服に思っているハリルホジッチ氏がとうとう動き出すようです。


サッカー界では監督の突然の辞任というのは日常茶飯事です。

それは代表チームの監督でも同じこと。

時期についても、重要な大会直前だったり、大会中に解任されるなんてことも普通に行われています。

 

おそらく契約時にしっかりそういう事項が盛り込まれているので、解任されても文句を言ったりと問題が起こることは滅多にありません。

監督側もそれが当然と受け止めていることがほとんどです。

 

ハリルホジッチ氏もサッカー界にいれば、そういうことはあり得ることと受け入れるはずなのですが・・・。

なぜか今回の解任に関しては非常に不服であることを表明しております。

 

辞任直後でなく18日も経って会見する理由は?

普通は「敗軍の将は兵を語らず」ではありませんが、解任されれば一切言い訳などせず潔くさるものですが、どうやら今回はそういうわけにはいかないようです。

 

解任が発表されたのが2018年4月9日です。

ハリルが会見を予定しているのが4月27日と発表されてから18日経っているのです。

 

不満であればすぐにでも公式非公式問わず会見しているはずなずなのですが、なぜこんなに時間をおいたのか?

その真相については、今のところどこにも語られておりません。

 

そのため、これは推察になるのですが、今回の解任が契約にそぐわないということを証明するための万全の準備をするためでしょう。

知り合いの弁護士などと相談しながら、この解約が契約違反だということを明確にしたのではと思います。

目処が立ったので、この日になって27日に会見をすることにしたのではないでしょうか。

 

会見ではハリル自身の気持ちを全て話すとされております。

かと言って今更解約が覆されることはないでしょう。

おそらく、ハリルが求めているのは、それ相応の損害賠償、

つまりお金ですね・・・。

 

欧米人はこういうところは非常にドライなので、きっちりそれなりの対応を求めるでしょう。

裁判に持ち込んでも良いという姿勢を見せ、協会が手切れ金を出すように仕向けるのかなと。

 

スポンサーリンク

 

ともかく直前の時期にこういう決断をしたサッカー協会の姿勢を疑う

ハリルの手腕はともかく、今回の問題は全て日本サッカー協会の対応が後手後手に回ったことが原因です。

 

私としてはここまできたら、最後まで任せるべきと思っていました。

この時期にチームを1から立て直すのは日本代表の実力からすると、到底無理です。

本気でテコ入れするのであれば、ハリルと協会で膝を付き合わせて話しあいをすればよかったのです。

 

あるいは解任させるのであれば、もっと早い時期でないと。

 

今回の騒動で、残念ながら日本代表がW杯で活躍するのは難しいですね。

いくら西野さんが優秀でも2ヶ月は酷ですよね・・・。

何よりも頑張ってきた選手が気の毒でなりません。

 

ヨーロッパや南米の強豪国のように選手個人の実力があり、正直監督が誰でも勝てるというのであればいいのですが、日本は良くも悪くも監督に依存する面が強いです。

それをこんな時期に解任なんて、W杯を捨てたと思われても仕方ないのではないでしょうか。

 

大会が終われば、当然日本サッカー協会幹部の進退問題は避けられないでしょうね。

 

 

 

さて、ハリルは27日当日に何を語ったのか?

詳しくは関連記事を参照!

 

admax記事下

スポンサーリンク

-スポーツ