KNN通信

日常のあらゆるニュース・話題について独断と偏見でぶった斬るコラムが満載のWEBマガジン風ブログです!

admaxヘッダ



政治 国際

北朝鮮はアメリカとの会談をキャンセルされ相当焦っている!一方日本の安倍首相は?

4月の下旬に朝鮮半島で南北首脳会談が開催されたときは、国際的にもあれだけ大々的に報道されて話題になりました。

しかし、それから1ヶ月も経たないうちに、まさか2度目の南北首脳会談が開催されました。

 

今回は北朝鮮側の要請で秘密裏に開催され、会談後にその事実が公表されました。

前回ほどのインパクトはなかったものの、今までいがみ合ってきた韓国と北朝鮮がここまで親密になったのかと結構びっくりです。

 

スポンサーリンク

 

北朝鮮はどこまで本気なのか?

まあ、2回目だからかどうかわかりませんが、随分と親密ぶりをアピールしていますね。


どんなことが行われのかは次の通りです。

  • 今回は金正恩が25日にとにかく会いたい打診があった。
  • 北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化についての意思が確固としていることを改めて表明。
  • アメリカが求める検証可能で不可逆の完全な非核化に対しては米朝会談で双方の意思を確認した後に可能と答えた。
  • そのためには予定通り6月12日に米朝首脳会談は成功させたい。
  • 事前に韓国と北朝鮮は6月1日に南北高官協議を開くことで合意した。

 

北朝鮮側は何が何でもアメリカとの会談を実現させたいというのがわかりますね。

 

米朝首脳会談をキャンセルされ北朝鮮はかなり焦っているのは間違いない!

何れにしても、今まであれだけ敵視していた韓国に対して、このような形で会談を持ちかけるなんてことは今までありませんでした。

そこまでしたのは、米朝首脳会談を中止すると言われ焦ったのは間違いありません!

 

表向きは非核化するしないのことが焦点になっております。

しかし、本当のところは相当北朝鮮内の状況が切迫しているのでしょう。

 

それはズバリ経済面!

 

アメリカや日本から経済制裁をされ、その効果が出てきているとも言えるでしょう。

そうなると北朝鮮国内でも歪みが出て、いくら金正恩といえども独裁を維持するの困難!

 

いつ国内でクーデターが起きてもおかしくない状況なのかもしれません。

それは何としても避けたい金正恩は、プライドを捨ててでもアメリカとの会談を実現させ、経済制裁の解除や支援を引き出したいのでしょう。

 

それに、少し前に中国に行って習近平と会談をしている手前、会談ができなかったなどとはできない。

自分もそうですが、中国のメンツも潰すことになりますので。

 

多分、核開発をするための資金もなく、核を放棄してでも国(というかキム政権の維持)を安定させたいところまで追い込まれているんは容易に想像できます。

 

スポンサーリンク

 

一方、日本の安倍首相はロシアにいた

世界がアメリカと北朝鮮の動向を気にかける中、日本はどうしているのか?

 

ちょうど2度目の南北首脳会談が行われているとき、安倍首相はロシアにいました。

ちょうど、オリンピックのフィギュアスケートで金メダルをとったザギトワ選手に秋田犬をプレゼントする日でした。

安倍首相も同席して、贈呈式が行われました。

 

このニュースが流れていたとき、朝鮮は大変なことが起こっているのに

「安倍は呑気にこんなとことに出かけやがって」

「犬を抱き上げたのにそっぽを向かれる安倍(笑)」

などと、その呑気さを強調するようなアンチ安倍の投稿が目立ちました。

 

もちろん、安倍さんはザギトワ選手に犬を渡すためにロシアに行ったわけではありません。

ロシア政府からの要請で訪問し、プーチン大統領とも会談をしているのです。

 

朝鮮半島のことも含め、やはりロシアは重要な鍵を握る国です。

交渉は困難だとは思いますが、このような形でも首脳同士が会談をする機会があるというのは非常に重要です。

 

国内が森友加計問題や働き方改革法案のことでもめているのに、ロシアに逃げたとかいっている輩もいますが、ロシアとの交渉は重要度の高い案件です。

 

野党のみなさんも、こういう時に「ロシアとの会談でしっかり成果を出して欲しいなど」といえば良いのに、なんでも反論ばかりですね。

まあ、仮に野党が政権をとっても、プーチン大統領とまともに張り合える人物がいるとも思えませんが。

 

多分、表に出ていないですが、ロシアとの階段で朝鮮半島の件についても話はあったはずです。

(あまり北朝鮮に肩入れしないでくれとか)

 

なかなか大きなニュースにはなりませんが、安倍さんにはしっかりと外交面で日本の立場をアピールしてほしいものです。

 

 

admax記事下

スポンサーリンク

-政治, 国際